神戸の市営バス事故現場はどこ?三ノ宮駅の場所をGoogle地図で

神戸市バスの事故現場どこ

 2019年4月21日の午後2時ごろ、兵庫県神戸市中央区布引4丁目のJR三ノ宮駅そばの横断歩道を渡っていた歩行者が市営バスに次々に跳ねられ、うち2人が亡くなった。

横断歩道の信号は青に変わったばかりで、歩行者が渡り始めた矢先に、市営バスは止まらず時速20キロで横断歩道に突っ込んで行き、事故を起こしている。

事故現場となった場所が、どこか?の地図をGoogleマップで詳しく表示する。

神戸の市バス事故現場はどこ?三ノ宮駅の場所の地図

 市営バスに跳ねられた方々で犠牲になった20代男性と20代女性の他、7人が重軽傷を負いうち1人は心肺停止の状態だという。

報道各社は、神戸市中央区布引4丁目のJR三ノ宮駅そばの横断歩道で歩行者が次々と跳ねられたと報じている。↓

上の事故現場の様子を伝える動画の場所に看板が写っているが、Googleストリートビューで確認すると以下の位置に同じ看板が写っている。↓

看板の手前に「 バス 」と白文字で書かれている停留所で乗客を全員降ろしてから、事故は起きた。

つまり、神戸の市営バスが歩行者を跳ねた事故を起こした現場の横断歩道をGoogleストリートビューで表示させると以下の地図の場所になり、別の動画では被害者の血痕が残されていた。↓

事故を起こした市営バスの進行方向は、兵庫県道30号の新神戸停車場線のフラワーロードで、神戸市立森林植物園の方角から、神戸空港ポートアイランドの方面に向かって走っていたことになる。

フラワーロードは、片側4車線の道路だが、上の動画では、JR三ノ宮駅ガード下の右側から2番目の直進車線のレーンに停まっていた。

その後、一番右側の右折レーンに移動している。

詳細地図ばかりでなく、広域地図でも確認されたい。↓

くわしい事故の原因は不明だが、神戸市の市営バスを運転していたドライバーは、すでに逮捕されている。

市営バスの運営は、神戸市交通局が行なっているが、市バス路線の一部は民間業者に委託している。

路面凍結でスタッドレスタイヤなのに事故った体験談
2月7日に群馬県で発生した11台が絡む多重事故の原因は、おそらく路面凍結に拠るものだと思われる。一般的に雪道には絶大な効果を発揮するスタッドレスタイヤだが「 アイスバーン 」でも効くのか?しかし全く効かなかったが為に事故を起こしてしまった苦い体験が蘇ってきた。

神戸の市営バスが事故を起こした原因はなぜ?

 神戸の三ノ宮駅付近の横断歩道で事故を起こした市営バスを運転していた運転手、O.F容疑者【 64 】は「 過失運転致し容疑 」で警察に逮捕された。

神戸市バスがはね1人亡くなり2人心肺停止・三ノ宮駅付近 」より引用↓

大野容疑者は「 バスが急発進し、人をはねてしまった 」と話しているという。

【 引用ここまで↑出典:朝日新聞DIGTAL 】

「 バスが急発進した 」とは、19日の東京都豊島区の池袋で発生した事故でプリウスを運転していた87歳のドライバーが言っていた「 アクセルが戻らなくなった 」という話しを彷彿とさせる。

続報では「 ブレーキを踏んで発進準備をしている時にバスが急発進した 」と話しており、さらにO容疑者には糖尿病の持病も有るという。

市営バスを運転していたO容疑者は、退職していて嘱託( しょくたく )で勤務されていたと報じられている。

詳しい捜査は、これからという段階だが自分が運転する市バスが勝手に急発進する、なんてことが有るのだろうか?[ kobe ]

神戸市交通局の会見では、運転手のO容疑者の事故歴は、平成28年に乗用車との接触事故があり、平成22年には、バス発進時に車内で女性が転倒して怪我をしたという事故があったという。

しかし親族によれば、極めて真面目な運転手で、40年の運転歴があるという。

池袋の事故でプリウスの自動ブレーキは?欠陥車ではなかった!
池袋で起きた事故でプリウスの自動ブレーキが効かなかった理由が分かった!欠陥車では無いことが判明したが、トヨタ・プリウスの車種は2代目のNHW20型で、2003年式から2011年式であることも分かった。2009年にはリコール米TOYOTAでリコールもあったが!?

報道では、「 ブレーキとアクセルを踏み間違えたか? 」と言われているが、もしそうだとしたら19日に池袋でプリウスが起こした事故と酷似している。

続報では、O運転手が「 前をよく見ていなかった 」と話していると言い、さらなる真相の解明が待たれる。

横浜市瀬谷区の交通事故現場の発生場所がどこか?をGoogle地図で!
2019年5月3日に神奈川県横浜市瀬谷区北町44で発生した交通事故現場の場所は、どこなのか?Google地図で詳細に表示する。事故を起こした乗用車は八王子街道を東から西に向かって走行中に後ろから猛スピードでオートバイに突っ込んでいったが、酒は飲んでいないという。

神戸の市営バス事故現場はどこかの地図まとめ

 神戸市の市営バスがJR三ノ宮駅脇の横断歩道で歩行者を、はねる事故を起こした経緯は次の様なものであった。

神戸・三宮で市バス暴走 」より引用↓

目撃者などによると、市バスは同市北区から三ノ宮駅まで走行。

乗客を降ろして発進した後、横断歩道上の歩行者を次々にはねた。

乗客はいなかったという。

【 引用ここまで↑出典:神戸新聞NEXT 】

つまり、横断歩道で事故を起こしたときには乗客は一人も乗っていなかったという。

池袋の時の事故もそうだが、横断歩道を渡っていてまさか市営のバスが突っ込んで来ようなどとは夢にも思わない。

池袋の事故現場がどこか?場所をGoogle地図で!
東京の東池袋4丁目で起きた乗用車のプリウスが引き起こした2箇所の事故現場が、どこかをGoogle地図で詳細に示す。自転車で横断歩道を渡っている最中に犠牲になった母子2人のほか、8人が重軽傷を負ったが、事故現場の様子をGoogleマップを用いて詳しく解説。

不詳この私めも以前にトラック運転手を10年以上やり、バイク便ライダーや新聞配達のアルバイト、クリーニング品のルート配送の仕事も合わせると20年以上のキャリアがある。

その私めも、バスは利用することがあるが2種免許を持つ旅客輸送の運転手は紳士的な運転をする方が多いな、という印象だった。

軽井沢スキーツアーバス事故現場の場所と原因を徹底的に究明!
今から2年前に起きた軽井沢スキーバス・ツアーの大事故が起きた場所は長野県北佐久郡軽井沢町の国道18号線の碓氷峠で発生した。事故現場の場所をGoogleアースとGoogleマップの2つの地図で示すので、参考にされたい。しかしながら本稿は事故の発生現場のみならず、なぜこのような大事故が発生してしまったのかの原因もトラック運...

事故原因の真相は不明だが、機器の故障でなければなぜ、重大な事故が起きたのだろうか。

確実に言えることは、横断歩道が青信号だからといって全てのバスや車が停まるとは限らないと言うことだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました